自律神経とは?

「自律神経=体の働きをコントロールする」

 

あなたの体は、寝ている時も心臓は動いている。体温や血圧は、一定に保たれているように維持されている。このような働きは、ホメオスターシスという。とても不思議な機能です。

 

人間の体は、小宇宙だ。ホメオスターシスを保つのに、頑張っているのが、自律神経だ。

 

「人の体は、宇宙だ」

 

 

神経というと、頭に浮かぶのは、運動神経だろう。自分の意思で動かせられないのが、自律神経だ。運動神経は、腕をあげる時に頭が命令を神経に指令を送って、初めて腕が動く。

 

大事なので、もう一度言うが、自律神経は、自分の意思では、動かない。心臓に「ゆっくり動け」と、命令しても動かない。

 

 

「2っの自律神経が、体の動きを円滑にしてくれる」

 

交感神経②副交感神経に分けられる。「交感神経=活動する神経」日常生活で心臓や血管の働きを高める神経。精神的な活動を活発にする。「副交感神経=休息する神経」睡眠やリラックスるす時に使う神経。

 

体を円滑に動かす為に、交感神経(アクセル)と副交感神経(ブレーキ)は、お互いにリズムを取っている。副交感神経は、車で言えば、ブレーキです。眠る時などに、脳からリラックスホルモンを出す時に、働きます。

 

「交感神経がアクセル」「副交感神経がブレーキ」

 

しかし、緊張でアクセル(交感神経)が強く働くと、副交感神経の働きが抑えられて、ブレーキを踏みながら、アクセルも踏んでいる。「眠れない、寝てもすぐに、目が覚めてしまう」ことになる。

 

 

 

「大脳が自律神経に作用する」

 

脳(視床下部・大脳辺縁系・大脳皮質)は、3層構造。自律神経は、視床下部にある。大脳皮質(人間の高度な精神活動を担う)大脳辺縁系(喜怒哀楽・食欲・性欲・睡眠欲・集団欲など本能的など本能的な欲求を司る)

 

大脳辺縁系で出された欲求は、視床下部から自律神経に伝わり、最終的に心臓・血管・肺・胃腸などに、届く。

 

脳

 

 

 

「欲求をガマン😣すると自律神経のリズムが乱れる」

 

人間は、大脳皮質で、「考える・感動する・記憶を整理して未来に備える」なんて働きがある。人間にしかない働き。しかし、場合によって、人間の本能的な欲求までも抑制することになってしまう。

 

人間の本能的な欲求(食べたい・寝たい・愛し合いたい)や喜怒哀楽の感情をセーブしていると、脳(大脳皮質・大脳辺縁系・視床下部)の3っの連携が、乱れます。

 

そして、大脳(人間の知性と欲求)と視床下部(自律神経の中枢)のコミュニケーションが乱れ、自律神経が円滑に働かなくなる。

 

からだ

 

 

 

「脳は、ストレスを受けやすい」

 

条件反射って、聞いたことありますか?食事に時間にベルの音を聞くだけで、よだれが出るというものです。条件反射は、大脳皮質で生まれます。食欲と音を感知する場所は、それぞれ異なる場所にある。

 

2っを同時に刺激すると、音だけで食事だとわかるようになる

条件反射)

 

交通事故のニュースを聞いた人が、乗り物に乗ることを想像しただけで、突然、心臓がドキドキしたり、息苦しくなることがある。これも条件反射です。

 

とくに、不安な時、心臓がバクバクしたり、息苦しくなったり、めまいがしたり、ストレスで、胃がキリキリしたり、便秘になるのは、条件反射が作動しているからです。

 

心臓や内臓、血管は、条件反射が出やすい、体の反応です。

 

心臓がドキドキする

 

 

 

 

 

 

 

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

自律神経失調症に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加