生活習慣性自律神経失調症

生活リズムの乱れが影響

朝起きる時間、寝る時間、食事の時間がいつも違うと、自律神経のリズムは崩れます。

 

8c2824eb997346df9ec98da3e74dc906_s

 

起きる時間が違うと、体が重くなるので、運動をしたい、体を動かしたい人間の持つ体を動かす欲求がなくなります。

 

オンラインゲームでの夜更かし、休日は不規則な生活の反動で、惰眠をむさぼってしまう・・・。

 

自分では、好きなことをしているので、快適なつもりが・・・。実は不健康を自ら招き寄せた結果、頭痛がする、めまいがする、肩がこって仕方がない。

 

病院で検査しても、これといった異常がない不定愁訴に陥ってしまう。

 

ここで気がついて生活習慣を見直せば、良くなる

一旦染み付いた生活習慣を変えるのは、そう簡単なことではありません。

 

60747733b9310319351c3db84e57acfb_s

性格や行動パターンは、変わりません。オンラインゲームは、始めたらやめるタイミングはつかめません。

 

 

今では、歩きスマホ、ながらスマホです。夜、ベッドに入ってのスマホ操作は、目に大量の光を浴びるため、リラックスして入眠ができません。

 

また、不定愁訴を引きずっていると、体調に引っ張られて、自分の想いとは、裏腹に体調は、黄色信号から赤信号になります。

 

不規則なりに規則正しく

仕事でやむなく不規則な生活になる方も多くいます。そういう方は、不規則なりに規則正しくを意識してみて下さい。

 

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

 

昼夜逆転の生活でも、起きる時間、寝る時間、食べる時間は、同じ時間にしてみて下さい。生活習慣の乱れから、不眠症になり、うつ病になるケースが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

自律神経失調症に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加