耳の不調:症例①

【症例1】妊娠3ヶ月:耳がこもる、胃がもたれる、電車が苦手

30代 女性 主婦

初診:平成29年7月

症状

  • 耳がこもる感じ
  • 胃のもたれ・張る感じ
  • 便秘
  • めまい・ふらつき
  • 腰痛

妊娠3ヶ月のため、施術院を探すのに苦労した。安定期に入らないと、施術は無理と断られた。

 

出産が控えているため、お腹の赤ちゃんも大きくなるので、今後の自分自身の体に大きな不安を持っていた。

所見

骨盤

仙骨の凸・O脚が顕著

O脚→骨盤後傾→胃下垂→前傾姿勢→耳の不調

 

・股関節の可動域:屈曲制限あり

股関節、脚の筋力が十分に使えずO脚になる。(※O脚は骨の変形でなく、筋力低下が原因)

 

・仙骨:凸

仙骨は骨盤のフタなので開くと体調不良になる。筋力が弱く細い女性に多い。また、妊娠にて腰痛が前弯し、頚椎がストレートネックになる。

施術

初期妊娠中のため、仰臥位にて下肢のストレッチを施行する。徐々に、筋緊張が緩和され、腰椎の前弯とストレートネックが改善される。

 

2回目で電車移動の苦痛がなくなる。緊張がほぐれて、気持ちに余裕が出る。

 

4回目で、頚椎の変位が消失→めまいがなくなる。胃下垂も良くなり食欲が出る。

 

5回目で、O脚の開き具合も間がほぼ消失。日常生活動作が改善される。セルケアも指導する。

まとめ

他院では、初期妊娠中を理由に施術を断られ、メール相談にて来院されました。遠方に関わらず、当初は苦痛だった電車に乗って来院されました。

 

やはり、出産に向けて体調を整えなければなりません。体が細いという元々の体質もあるのですが、施術でサポートできます。

 

生活環境が床に座る、生活習慣だったためマイナス要因が働いたと思われます。正しい座り方を指導しました。

 

何気ない生活習慣動作が積み重なって、体調不良へと繋がります。根本原因を見つけて、ヒモを解くと体は元気になります。

耳の閉塞感について詳しくはこちら

耳の閉塞感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加