掌蹠膿疱症

原因不明の掌蹠膿疱症は改善します

原因不明の掌蹠膿疱症は改善します

下へ

改善のポイント 自律神経を整えて、痛みや不調を改善します

掌蹠膿疱症について当院の考え

手のひらや足の裏にできる湿疹・皮膚炎の一種。みかんの皮のつぶつぶ様な膿疱が、できます。

 

悪化すると、痛みも伴います。無菌性のため、人に感染することはありません。

 

原因は不明ですが、肩こりや腰痛、冷え症などの血行不良、または、骨格の歪みなど、自律神経の不調が根本原因とも考えらます。

 

施術をすると、びっくりするほど改善することがあります。しかし、完治までは、時間が欲しいところです。

 

掌蹠膿疱症、特有の手のひらの「ブツブツ感」は、かなり薄くなり、見た目は綺麗になります。

 

膿疱は、自分の免疫の低下が原因の為、なかなか治りにくいです。アレルギーや炎症反応は、自分の体を自分自身で、攻撃するからです。

 

そこで、自分の体を正常に保つ「自律神経」が正常に働かないと、リンパ球が攻撃を始めます。

 

だから、当院では、自律神経を整えて、痛みや不調を改善する施術が、掌蹠膿疱症に、一定の効果があります。

 

掌蹠膿疱症は、喫煙が原因でもある

禁煙

喫煙をすると、血液中の酸素濃度が、一気に下がります。血管の弾力性も無くなるので、血行が一気に悪化します。

 

肩こりや体の歪みを整えることも、掌蹠膿疱症の改善には重要ですが、禁煙も、同じくらい重要です。

 

 

治療方法

薬

掌蹠膿疱症は、細菌やウイルスが原因ではないので、抗生物質や抗真菌薬は効果ありません。

 

なので、ステロイドなどの強い薬で、症状を抑え込むくらいしか方法がありません。

 

当然、薬の副作用もあるので、注意しなければなりません。

 

他に、扁桃腺を除去すると、90%の掌蹠膿疱症が、改善されるという報告があります。

 

掌蹠膿疱症は、自己免疫疾患なので、禁煙をしたり、適度に運動したり、食品添加物を取り過ぎない様に注意して、日常生活の改善が、掌蹠膿疱症を治す近道です。

どこに、行ったらいいのか、わからない こんな悩みも改善しますか? そんな方こそ任せてください! まずはお気軽にお電話でご相談ください 予約優先制 当日予約もOK! 0120-314-926  電話受付時間7:00〜20:00

診療時間外からもインターネットから予約できます ネットから予約する >>こちらをクリック

LINEで予約する

不調で悩んでいるあなたへ

はじめまして。自律神経専門のこばやし接骨院の院長の小林利忠です。

 

この度は、当院のホームページをご覧になっていただき、ありがとうございます。

 

原因のよく分からない不調で、思ったように改善しない方には、共通した理由があります・・・

 

それは、自律神経乱れです。

 

当院では、自律神経を整えて、痛みや不調を改善します。

 

練馬区で唯一の施術法(気エネルギー療法:気導術・ストレッチ整体)で、自律神経を整えて、あなたに本来備わっている自然治癒能力を引き出します。

 

そして、当院の最終目標である「不調になっても眠れば回復する体」になるサポートを全力でします。

 

今、あなたが当院のホームページをご覧になっているということは、「ご自身の体の不調が本当に良くなるの?」また、「いったいどこに行けば、不調が改善されるの?」と、とても不安な気持ちでいる、と察します。

 

でも、ご安心ください。

 

あなたが、抱えている不調には、必ず何かしらの原因があります。

 

例えば、椅子に座る時、つい足を組んでしまう、など。あなたが気がつかない5っのストレス(骨盤の歪み・背骨のズレ・悪い姿勢・腸の疲労・精神的疲労)が、原因です。

 

その原因さえ解れば、あなたの体には、良くなるスイッチが入ります。一歩、一歩階段を上るように、改善します。

 

当院の施術だけでなく、セルフケア(オリジナルの体操)も、指導します。自律神経を専門とする施術院は、まだ全国には少なく、練馬区では、こばやし接骨院だけです。

 

自律神経の乱れを整えると、今、抱えている不調だけでなく、本当の意味で、真の健康が手に入れられます。

 

そのきっかけになれるサポートを私がします。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

 

不調の原因は自律神経です

自律神経の交感神経と副交感神経の両方のバランスが取れるとスムーズに体が動く

頭痛、めまい、ふらつき、耳の違和感、喉の詰まり感、胸の圧迫感、不眠、下痢、便秘、手足のしびれなどの不調と自律神経は深い関係があります。

 

なぜなら、自律神経は私たちの生命維持システムだからです。

自律神経のバランス↑↓を崩すと、どうなるの?

交感神経が優位 頭痛・血圧不安定・高血圧症・喉の違和感・不眠・便秘・動悸・息切れ・食欲不振・感染症など(免疫力の低下)

交感神経【↓】

頭痛・血圧不安定・高血圧症・喉の違和感・不眠・便秘・動悸・息切れ・食欲不振・感染症などの免疫力の低下

副交感神経が優位 アトピー・偏頭痛・鼻炎・気管支喘息・全身倦怠感・疲労感・無気力・眠気・ふらつきなど(アレルギー・精神疾患)

副交感神経【↓】

アトピー・偏頭痛・鼻炎