慢性前立腺炎(慢性骨盤内疼痛症候群)

なぜ当院の施術で、改善が実感できない慢性前立腺炎が良くなるの?

なぜ当院の施術で、改善が実感できない慢性前立腺炎が良くなるの?

なぜ?当院で身体の不調を終わりにすることができるのでしょうか?

理由その1

不調の根本原因を見極める眼力

カルテ

今あなたの抱えてる不調は現象です。大事なのは感覚意識に惑わされないことです。

 

実はあなたが不調と感じている場所は「根本原因」ではないのです。

 

身体は機械とは違い全て繋がっています。実はお腹が痛いのは、自覚のない腰の筋肉の緊張が本当の原因だったりします。

 

不調の奥底に潜んでいる「根本原因」を見極めて、真の改善へサポートします。

理由その2

わかりやすい説明であなたの不安を解消する

わかりやすい説明

病院の検査では異常なし…不調なのはどうして?どうしてわかってくれないの?いつまで薬は飲むの?

 

みなさん、そんな疑念を抱えて当院へ来院します。

 

だから、私はそんなあなたの不安を和らげるために、小学生でも理解できる説明をします。

あなたは今、こういったことでお悩みではありませんか?

  • 泌尿器科で薬を飲んでも変わりない…
  • ペインクリニックも行ったが改善の実感がない…
  • 5件以上の整体や鍼灸にも通った…
  • 日常生活が普通に送れない…
  • もうこれ以上どうしたらいいか分からない…

このような悩みがいつまでも解決されないのは、根本原因を見ないで、起きている現象だけを見てその場しのぎの処置をしているからです。

慢性前立腺炎の根本原因である筋肉の緊張を徹底改善するからです

体の調子が悪ければ、まず病院へ行きますよね。そして、薬を飲めば大概の不調は改善されますよね。

 

でも、当院のホームページをご覧になっているということは泌尿器科に行った、心療内科にも行った、ペインクリニックにも行った…。

 

整体や鍼灸にも何件も通った…にも関わらず不調が良くならなくて困っていると察します。

 

「なぜ?」と言うと痛みの出ている前立腺には根本的な問題はないからです。

 

もし痛みの出ている箇所に原因があれば、もうすでに良くなっています。そうでないのなら原因は他にあります。

 

慢性前立腺炎の痛みの根本原因は、筋肉の緊張です。緊張と言っても慢性前立腺炎の場合は『過』が付きます。過緊張です。

 

筋肉が緊張すると、血行が悪くなります。過緊張だと骨盤内が不調になります。血液は栄養と不要なものを送り出します。

 

一連の流れが出来なくなると、当然不調になります。私たちの体は筋肉で構成されています。心臓も筋肉です。血管も筋肉です。前立腺も筋肉です。

 

筋肉が固くなり、血行が悪くなれば自律神経が乱れます。誰でも不調になります。あなたの場合、不調がたまたま慢性前立腺炎だったのです。

 

体そのものを良くして慢性前立腺炎を良くしたいと思うなら、ぜひうちに来ませんか?ご来院心からお待ちしています。

 

身体改善スペシャリスト 小林利忠

これらの症状を改善しら実績があります。

お客様の良くなった声

慢性前立腺炎が6〜7割回復した!

お客様写真

「当院で施術を受ける前はどのような状態でしたか?」

慢性前立腺炎との診断を受け、座っているだけで辛く、仕事や生活に支障をきたしてました。

 

「当院で施術を受けた後のご感想をお聞かせください」

今日で6回目の施術を受けました。少しずつ良くなったりを繰り返しています。

 

慢性前立腺炎の症状は、現在と施術を受ける前では、半分以上、良くなって感じがします。

 

6〜7割近く、良くなっている感じがします。

Y.T様 神奈川県川崎市 38歳 自営

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

慢性前立腺炎の痛みが10から3or4へ減った!

お客様写真

「当院で施術を受ける前はどのような状態でしたか?」

腰回りの痛み。体全体が縮こまった状態。

 

「当院で施術を受けた後のご感想をお聞かせください」

長時間座位を続けると、体が固まってしまうという事に気が付いた。

 

今までは、体が固まった状態が普通だった・・・。体を伸ばすと、気持ちが良いので、ストレッチは続けます!

K.Kさん 東京都板橋区在住 30代会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

慢性前立腺炎を忘れる日が増えた!

アンケート用紙

当院で施術を受ける前はどのような状態でしたか?

薬を飲んでも、良くならず、精神的に疲弊した状態でした・・・。

 

どうしたら、良くなるのか?分からず、頭の中は何も考えられず、いつもリラックスができなかった。

 

また、悪い時は、予定もキャンセルしたりして、安定しなかった・・・。

 

当院で施術を受けた後のご感想を聞かせて下さい。

日に日に、良くなっていくのが分かり、次第に頭の中もリラックスして、日常生活を送れるようになった。

 

体が軽くなり、症状も忘れる日が増えて、楽しめるようになった!

 

K.T様 東京都西東京市 30代 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

まずは、お気軽にお電話ください!0120−314−926 当日予約Ok 予約優先制 無料相談あり Pあり 女性受付スタッフいます

診療時間外もインターネットから予約できます ネットから予約する こちらをクリックする

LINEで予約する

初回限定特典あります 月10名限定 初見料2000円OFF 7500円(施術料金)2回目以降:7500円

安心の返金保証あり

慢性前立腺炎の主な症状

  • 睾丸が痛い
  • 下腹部が痛い
  • 灼熱感がある
  • 射精痛がある
  • 会陰部が痛む
  • 排尿痛がある

あなたにはいくつ当てはまりますか?

慢性前立腺炎に悩む方の生活習慣

  • パソコンでの長時間デスクワーク
  • 夜が遅い生活
  • 体をあまり動かさない
  • 椅子に浅く腰掛ける
  • 椅子に座る際、脚を組む

慢性前立腺炎に悩む方の身体的特徴

猫背

慢性前立腺炎(骨盤内疼痛症候群)に悩む90%以上の方が、下腹部が下に出て、腰は固くなり、首肩が異常に前に出た体型をしています。

  • 肩がすくんでいる
  • 正座ができない(苦手)
  • 首が短い
  • 体が固い
  • 背が高い
  • 脚が外に開く
  • まばたきが多い
  • 眠れない

3っ以上当てはまる方はできるだけ早く当院にご相談ください。

パソコン作業

慢性前立腺炎(骨盤内疼痛症候群)で悩んでいる方は13個中、以上が該当します。

 

必ず該当するのがパソコンの長時間デスクワークです。

 

パソコンをすると、姿勢が悪くなるのは分かると思います。画面をのぞき込む前傾姿勢になるために、肩がすくんで首が短くなります。

 

長時間の座る姿勢は、体の筋肉だけでなく、内臓の筋肉も固くなるのです。なぜなら、人間の体は座るようには設計されていないからです。

 

でも、ここで周りを見渡してくれませんか?

 

あなたと同じようにみんな長時間パソコンをしています。電車に乗ればスマホを操作していますよね。

 

何であなただけ、慢性前立腺炎になってしまったのでしょうか?

 

本来であれば、体には防衛反応があり「もうこれ以上は危険だよ」という信号が点滅します。

 

それが、肩こりや腰痛などの第一次不調です。

 

慢性前立腺炎で悩む方は、青信号が点滅しても黄色信号になっても、気が付かないで危険の信号(第一次不調)をスルーします。

 

その結果、積もり積もって首・肩・腰などの筋肉が過緊張します。やがて、自然回復力が低下し本来守られるべき前立腺も緊張してうっ血するのです。

 

そして、自律神経が大きく乱れ不調に陥ったのです。

ストレスを感じると体はどうなるのでしょう?

体がストレスを受けると…
  1. 血液・リンパが滞る
  2. 内臓が固くなる
  3. 筋肉も固くなる

下(矢印)

徐々に脳の回復力が弱まり…自律神経(交感神経・副交感神経)が乱れる。

慢性前立腺炎の根本原因は筋肉の緊張

慢性前立腺炎

筋肉が緊張すると、前立腺も緊張します。前立腺は自律神経がコントロールしています。

 

前立腺は元々の成り立ちは筋肉です。だから、慢性前立腺炎の改善のポイントは、筋肉の過緊張を緩めることです。

 

自律神経は、自らの意思では動かすことができません。だからこそ、前立腺は、いつ命令が来てもいいよう準備が大事です。

 

つまり、前立腺は常時、緩んだ状態(ニュートラル)にしておく必要があります。

 

そのためには、首や肩、背中、お尻、脚の骨格筋を緩んだ、あそびのある筋肉の状態にします。

 

なぜなら、内臓の不調が体表面に出るからです。内臓は体の中にあります。つまり、前立腺は守られているからです。前立腺は急所です。

 

筋肉を緩めてあそびを作ると、前立腺の緊張も改善します。すると、自律神経がきちんと正しい命令を前立腺に送れるようになります。

 

慢性前立腺炎の改善のポイント

体の筋肉の緊張を緩めてあそびを作ること。

前立腺の緊張→自律神経が乱れる

どんなに健康な人でも…5っの原因が積み重なると、自律神経が乱れて不調へ

1筋肉の緊張と関節可動域の減少 2内臓疲労 3気の流れの乱れ 4脳脊髄液の滞り 5眼精疲労【眼瞼痙攣】まぶたのけいれん

①筋肉の緊張↑・関節可動域の減少↓

筋肉

筋肉が緊張して固くなると、関節の動く範囲が狭くなります。筋肉は身体のエンジンだから、新陳代謝が落ちて自律神経が乱れます。

 

つまり、体力が落ちるので疲れやすく、また疲れが溜まり回復しない身体に陥ります。

②内臓疲労

内臓疲労

内臓も筋肉からできています。疲れると内臓は下がります。やがて首や肩、背中や腰が痛い、こるなど体表面に症状が出ます。

 

内臓はすべて自律神経がコントロールしています。もんでもすぐ戻る肩こり腰痛は内臓疲労のSOSサインです。

③気の流れの乱れ

元気が出ない

私たちには「気」が流れています。元気な人は輝いて見えます。元気の気であふれているからです。

 

気の流れが乱れると深い呼吸ができません。呼吸が口パクになるので、酸素不足になり血行不良になります。

 

気がキチンと流れなくなると「不調を跳ね返す力」が無くなり、元気の気が消えてしまいます。

④脳脊髄液の滞り

脳脊髄液の滞り

脳と脊髄が自律神経の大元です。脳脊髄液が脳と脊髄を栄養しています。実は脳も呼吸しています。

 

脳脊髄液が滞ると脳に「違和感」を覚えるような感覚になります。「本来の自分」が分からなくなります。

⑤眼精疲労【眼瞼痙攣】

眼精疲労

眼精疲労【眼瞼痙攣】は単なる疲れ目ではありません。寝てる時もまばたきをしているので休まっていません。

 

「24時間」自律神経がONになります。眼瞼痙攣は自覚症状がない場合がほとんどです。

自律神経が乱れると…

交感神経↓【免疫力低下】

  • 頭痛
  • 血圧不安定症
  • 高血圧症
  • 喉の違和感
  • 不眠症
  • 動悸
  • 息切れ
  • 便秘
  • 食欲不振など

副交感神経↓【アレルギー・メンタル低下】

  • めまい
  • ふらつき
  • 頭痛
  • アトピー
  • 湿疹
  • 気管支喘息
  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 意欲低下など

さらに

外的ストレスも加わって限界を越えると…

4っの外的ストレス

ストレス
  1. 人間関係
  2. 気温差
  3. 添加物・砂糖の過剰摂取
  4. 悪い姿勢

4っの外的ストレスが加わると耐性ストレス許容量をオーバーする。

ついに、

痛みや不調が発生

下へ

自律神経が乱れると回復力↓低下

交感神経と副交感神経のバランスが取れるとスムーズに体が動く
  1. 筋肉の緊張・関節可動域減少
  2. 内臓の疲労
  3. 気の流れの乱れ
  4. 脳脊髄液の滞り
  5. 眼精疲労【眼瞼痙攣】

①②③④⑤がそれぞれ相関し外的ストレス【人間関係・気温差・添加物や砂糖の過剰摂取・悪い姿勢】も積み重なった結果、自律神経が乱れて不調になったのです。

 

確かに痛いところをマッサージすると、その時は楽になります。鎮痛剤も服用すれば軽減します。

 

でも、時間が経つとまた元の状態に戻ったり、薬が以前ほどの効果を感じられなくなるのは、どうしてだと思いますか?

 

答えは簡単です。それは、痛みなど不調になる根本原因にそもそもアプローチをしていないからです。

 

5っの原因を改善すると、たとえ不調になってもご飯を食べて、お風呂に入って眠ると翌朝スッキリ回復します。

どのような施術で、自律神経を整えるの?

練馬で唯一 当院だけハイブリッド整体法

①筋肉と関節②内臓③気④脳⑤眼5っを整えて自律神経を元気にする

ポイント1

骨格と骨盤を調整して筋肉と関節のあそびを作る

ストレッチ

筋肉と関節は遊びがないと、骨格は傾き骨盤は歪みます。自律神経の不調は血流の滞りが一因です。

 

骨格と骨盤を整えて、体にあそびを1mm作ります。筋肉と関節の動きが良くなるので自律神経が活性されます。

ポイント2

内臓【胃・大腸・小腸・肝臓・胆のう・脾臓・膵臓・心臓】を整える

内臓

内臓と自律神経は相関関係にあります。自律神経の不調は自覚のない疲労が内臓に溜ってます。

 

内臓は血液のなので血行が良くなると、自律神経の働きが「ぐぐっと」2段飛ばしで高まります。

ポイント3

気の流れを整える

気

私たちには「気」が流れています。不調になると気の流れに勢いがなくなります。気は呼吸と連動しています。

 

気の流れを整えると、風通しの良い身体になるので深い呼吸ができます。元気の気が出ます。

 

体の不調だけでなく心の不安までも小さくなります。今まで悩んできたことが軽くなりメンタルも変わります。

ポイント4

脳脊髄液の流れを整える

脳

脳が自律神経をコントロールしています。脳は脳脊髄液という液体の中に浮いて呼吸をしています。

 

脳脊髄液の流れを促すと脳が「キチン」と呼吸して、身体全体が良くなり自律神経の不調が改善されます。

ポイント5

眼瞼【まぶた】痙攣を整える

いよいよ自律神経が大きく乱れると起きる現象が、過剰まばたき【眼瞼痙攣】です。

 

もちろん眼を潤すために、まばたきは必要です。しかし、眼瞼痙攣【眼精疲労】は自律神経の乱れの警告です。

 

当院では大事な眼の施術をします。眼を良くすると自律神経改善へのスピード感が一気に高まります。

施術動画(一例)

※首を無理やり曲げて「ボキボキ、バキバキ」鳴らすような乱暴な施術はしません。ご安心ください。

最終的に乱れた自律神経が整うと、

しっかり眠ってスッキリ回復 当院の目的

慢性前立腺炎に多い典型的な体型を変えます

地元のラジオ番組(練馬放送)に紹介されました

私たち二人で、あなたを全力サポートします

練馬ラジオ出演

色彩亭朝輔&てふてふ

【ラジオドラマ】

「きっと笑顔がそこにある」

  • ラジオ番組に取り上げられました
  • 練馬放送に出演

はじめまして 院長の小林です

院長

慢性前立腺炎の悩みは深刻です。男性の尊厳に関わることなので、とても悩みが深いです。

 

働き盛りの男性が悩むのは、同じ男性として何とか力になりたいです。

 

慢性前立腺炎で悩む方を施術して、気が付くことがあります。それは、みなさん一応にして真面目です。

 

一生懸命、仕事のし過ぎで自分のことを顧みることなく、頑張りすぎた結果、体調を崩したのです。

 

だから、ここで少し体を休めてみませんか?

 

慢性前立腺炎は、症状が落ち着くのには少し時間が必要です。症状の期間が長いほど、回復にもそれだけ時間が必要です。

 

私が目指しているのは、良くすることではなくて、慢性前立腺炎の根本改善です。

 

もし、今どうしようか?と・・・悩んで迷っているのなら、一歩前に踏み出してみませんか?

 

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

 

こばやし接骨院 院長 小林利忠

初回限定特典あります 月10名限定 初見料2000円OFF 7500円(施術料金)2回目以降:7500円

もし私には、合わなかったら、どうしよう・・・そんな不安はありませんか?

こばやし接骨院では、施術が合わなかった場合全額を返金する保証制度があります

私(院長の小林)はベストではなく全力であなたと向き合って施術します。

 

しかし、施術は洋服を買うのとは違い試着ができません。「施術が合わなかった」「効果が感じられなかった」ことがなかにはあります。

 

そこで、初回に限り「全額返金保証制度」を設けてあります。返金保証期間は、初回施術日から3日以内です。

 

3日過ぎた場合、返金できませんのでご了承下さい。遠慮なくお申し出下さい。施術には自信があります。

 

私の想いはあなたが納得して施術を受けて頂くことです。どうぞ安心して施術を受けて下さい。

こばやし接骨院までの道のり

こばやし接骨院 地図

最寄りの駅:上井草駅【西武新宿線】より徒歩約7分 

こばやし接骨院の外観写真

住所

〒177-0042

東京都練馬区下石神井2−35−10

道案内いたしますので、迷う前に遠慮なくお電話をください

【新青梅街道】下石神井四丁目交差点(しゃぶ葉:旧サイゼリヤ)を下石神井小学校方面(北へ)曲がる

【石神井公園駅から】約8分

駐車場2台あり(当院すぐ裏)

駐車場は、こばやし接骨院の手前を曲がってすぐ左P2台あり

車通りが少ないのでゆっくり車庫入れができます↓

当院駐車場

電車(西武新宿線)

上井草駅北口:徒歩約7分

路線情報はこちらへ>>

最寄りの駅:井草駅(井草駅ではありません

バス(西武バス)

上井草駅入り口にて下車:約30分(※徒歩を含めて)

・石神井公園駅発(荻窪駅行き【西武池袋線】

・荻窪駅発(石神井公園駅行き)【中央線・丸ノ内線】

追伸

院長写真

病気でない不調で、悩んでいる方がとても多いです。

 

私たち現代人は、仕事で一日中、座りっ放しでパソコンをして、電車に乗れば、スマートフォンを見ています。

 

どんなに健康な人でも、首を屈めて体を丸めて、光るモニターを見ていればやがて体調不良になります。

 

そして、体調が良くないのに日々の精神的なストレスが加わると、不調が加速します…。

 

体調が悪いのに病院で診てもらっても、検査で異常はなく精神的なものとして済まされてしまう。

 

気持ちの問題として、自分を責めてしまう。いつの間にか身体中が痛い、いろんな不調が次々訪れる。

 

でも、安心してください。ちょっとしたきっかけがあれば、体は変わり不調はよくなります。

 

あなたが気が付いていない体の癖、日常生活での体の使い方などに改善のヒントが隠れています。

 

「不調で毎日が楽しくない」と悩んでいたら、時間が本当にもったいないです。

 

もし今、あなたが不調で「どうしたらいいの?わからない…」のなら、私と一緒に良くしませんか?

 

ご来院を心よりお待ちしています。

 

こばやし接骨院 院長 小林利忠

慢性前立腺炎(慢性骨盤内疼痛症候群)に関する関連記事