自律神経専門整体 TOPページ

自律神経専門整体

 

「ストレス遮断の専門家」

(呼吸)整えるメソッドで、

自律神経失調症の最大原因…

 

4っストレス

シャットアウトします

 

⑴精神的❤️ストレス

⑵からだのゆがみ?ストレス

⑶化学的?ストレス

⑷気象⛅️ストレス

 

息使い(呼吸)出る

「健康な人=深く・ゆっくり」

「不調な人=浅く・速い」

 

 

精神的ストレス

不安、イライラ、焦り、トラウマ、マイナス思考、過度のプレッシャー、孤独感、認めてもらえない、わかってくれない

人間関係、不安、イライラ、焦り、トラウマ、マイナス思考、過度のプレッシャー、孤独感、尊厳の欠落(認めてもらえない・わかってくれない)など…

 

精神的なストレスは、誰にでもあります。ストレスの度合いが強すぎると、体の一番弱い箇所に不調が現れます。体が発するSOSのサインです。

 

自律神経の不調の60%は、決して体のどこかが悪いわけではありません。精神的なストレスの負担が容量オーバーして、体に出ただけです。当院では、精神的なストレスを呼吸を使った施術で、軽減していきます。

 

ストレスやイヤなことは、0,1秒で頭の中に、すぐ浮かびます。しかし、思い出す時間が、2秒に伸びたら、どうでしょう?たった数秒の心の余裕が、体を楽にしてくれます。

 

からだのゆがみ(構造)ストレス

体がゆがみむと、脳はストレスと感じる

腰や股関節、足首、くびが曲がったりゆがむと、いちばん高い所にある頭が大きく傾きます。頭の中には、脳があります。

 

脳が、自律神経をコントロールしています。体が傾くと、脳も傾きます。人間の中枢器官である脳が傾くと、脳はストレス状態に陥ります。傾いた脳は、24時間余計なストレスに、さらされています。

 

脳に、余計なストレスをかけると、脳本来の働きができなくなります。次第に、自律神経という目に見えない微妙なバランスが、保たれなくなります。自律神経の自動コントロールが、不能になります。

 

日常生活のくせで、体は気がつかないうちにゆがんできます。蓄積されたゆがみによる体調不良が、徐々に進行します。体がゆがむと、脳に大きなダメージを与えます。

 

私たちの生活は、パソコン・スマートフォンの普及で、座る時間が長くなりました。同じ姿勢が長いと、図のようにからだは、ゆがんできます。めまいの原因は、骨盤のゆがみが原因であることがあります。

 

化学的ストレス

砂糖

日常生活で何気なく使っている化粧品、香水、洗剤、柔軟剤、食品添加物などに含まれいます。

 

カフェイン(お茶・コーヒー・紅茶)、砂糖なども化学的ストレスです。砂糖が体内に入ると、血糖値が急上昇します。

 

下げようとして、インスリンというホルモンが、すい臓から出ます。ジェットコースターのように、血糖を上げ下げすると、自律神経が過剰に、働いて疲れます。内臓が疲れて果てます。

 

白砂糖は、精製されたもので、自然界には存在しません。摂り過ぎると、心配ですが、甘味には、多幸感があるので、砂糖と上手に付き合ってほしいです。

 

気象ストレス

大きな木

私たちの体は、気象(温度・湿度・気圧)の変化に、合わせるように出来ています。

 

例えば、ゴールデンウィークのようなカラッとした天気のいい日には、交感神経が高まり、興奮するようになります。お出掛けをする人が多いです。

 

一方、梅雨や台風などで、大きな低気圧が近づくと、副交感神経が高まるので、気分が落ち込みます。私たちの体は、四季に合わせて元気になったり、しょんぼりしたりするように、できています。

 

しかし、自律神経失調症の方は、交感神経(興奮する)と副交感神経(リラックスする)のスイッチの切り替えが、うまくいかなくなります。自律神経失調症の方は、ゴールデンウイークに、体調がすぐれない方が、多くいます。

 

日差しと紫外線の影響もあります。目の黒目の部分の瞳孔で、光の入る量を筋肉で調整します。自律神経が、目の筋肉をコントロールしていますが、自動的に機能ができなくなります。

 

また、居住環境が、自然の温度・湿度に合わせなくても、エアコンで、快適に生活できるようになりました。このように、近年の激しい気象の変化と居住環境の変化によって、自律神経失調症が増長されています。