TOP:不調が改善しないのは、

不調の原因は自律神経です

自律神経の交感神経と副交感神経の両方のバランスが取れるとスムーズに体が動く

自律神経と深い関係があります。なぜなら、自律神経は私たちの生命維持システムだからです。

  • 頭痛
  • めまい
  • ふらつき
  • 耳の違和感
  • のどのつまり感
  • 胸の圧迫感
  • 不眠
  • 下痢・便秘
  • 手足のしびれなど

自律神経のバランス↑↓を崩すと、どうなるの?

交感神経が優位 頭痛・血圧不安定・高血圧症・喉の違和感・不眠・便秘・動悸・息切れ・食欲不振・感染症など(免疫力の低下)

交感神経【↓】免疫力の低下

  • 頭痛
  • 血圧不安定
  • 高血圧症
  • のどの違和感
  • 不眠
  • 便秘
  • 動悸
  • 息切れ
  • 食欲不振
  • 感染症

副交感神経が優位 アトピー・偏頭痛・鼻炎・気管支喘息・全身倦怠感・疲労感・無気力・眠気・ふらつきなど(アレルギー・精神疾患)

副交感神経【↓】

アレルギー・精神的不調

  • ふらつき
  • アトピー
  • 湿疹
  • 頭痛
  • 鼻炎
  • 気管支喘息
  • 全身倦怠感
  • 疲労感
  • 無気力
  • 意欲低下

下へ矢印

具合が悪い女性

無意識に働く生命維持システム(交感神経・副交感神経)のバランス↑↓が乱れると体調が徐々に崩れます。