喉の不調:症例⑥

喉の違和感、体のだるさ、食欲不振

「気持ちの低下などで辛い…」

20代男性

症状

初回施術日:2019年3月6日

  • 喉が引っかかる、イガイガする
  • 首肩のこり
  • めまい、ふらつき
  • 手足の冷え

2018年5月から。食事をストレスなく食べたい。固形物(肉など)が食べられない。

所見

原因

左背部の過緊張

 

極端に左側の緊張が強く体の軸がいつも左に引っ張っられている。腰部の緊張も強い。

 

左側が短く縮まっている。柔軟性の著しい低下あり。

施術・経過

根本原因【左側の緊張緩和】の改善

初回施術(3月6日)まず左背部の筋肉の緊張緩和の施術をする。

 

2回目施術(3月13日)左背部と左腰部の筋緊張緩和するも、自覚症状は依然あり。

 

3回目施術(3月20日)頭痛が良くなり、疲れやすさも軽減し体調が良くなる。

 

4日目施術(4月2日)まだ喉は気になる。しかし、極端な体の硬さから柔軟性が出現する。

 

5回目施術(4月19日)喉のつまり、引っ掛かり、イガイガ感は良くなる。食事も好きなものを食べられるようになる。

まとめ

高身長185cmな為、無意識で屈む姿勢を矯正されて生活してきた。次第にバランスを取ろうとして左側が緊張状態に陥った。

 

そのため、気管が狭くなり圧迫感を感じた。また、左の緊張を緩和するために無意識下で座位時、脚を組むのが癖になった。

 

結果的に自分の楽と脳の楽との間にギャップが生じて、薬を飲んでも思ったように改善しなかった。