起立性調節障害:症例②

午前中、体が動かない

ひどい頭痛

女子中学2年生

症状

  • ひどい頭痛
  • 手足のしびれ
  • 肩こり
  • めまい、ふらつき
  • 貧血
  • 生理痛
  • 下痢
  • 寝た気がしない
  • 疲れやすい
頭痛、手足のしびれ

2016年10月頃から。毎日、鎮痛剤が効かない頭痛に悩んでいる。

 

イヤホンで音楽を聴いて頭痛の苦痛を紛らわせている。午後から登校している。

所見

左首、腰のずれ 左足首の内旋

【原因】

右足首の内旋

 

小学生の頃、交通事故に遭い右足首を受傷する。

 

歩行時、安静時足首が内旋する。左側の首、腰にて体を支える→筋緊張が強い。

 

また、かばうように脚を組む。体と心のストレスにより閉眼時の眼瞼痙攣が著明。

施術・経過

目的】

左右差のバランスを均等に近づける

 

首と腰の筋緊張を緩める。同時に、右足首の内旋の改善を図る。3回目で頭痛がなくなる。頚椎のズレも消える。

 

ただし、頭痛から解放されて眠れるようになり昼夜逆転生活になる。座位時、脚を組まないように注意。また、イヤホンでの音量も下げるように指導する。

まとめ

左右のバランスが整うも、自身の体力レベルが低下しているので、回復までリハビリ期間が必要→脳が不調の状態を記憶している。

 

切り替わるのに時間が必要。理由は自分自身の感覚と脳の感覚のズレが大きいため。脚を組んで不調をごまかしたり、音楽を聴いて頭痛をまぎらわしたりした。

 

その結果、脳にストレスを与えた。また、薬が体内に沈殿して自然治癒力が回復しない状態にある。

 

しかし、最大の苦痛である頭痛が改善され脳が休まるようになる。やがて生活も規則正しくなると考えられる。

起立性調節障害について詳しくはこちら

起立性調節障害

起立性調節障害に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加