ジャーキング:症例②

4年前、緊急事態宣言により、在宅ワークになってから左肩から胸にかけて「ビクッと」して目が覚めてしまう…

27歳:女性(デスクワーク)

症状

  • 左肩から前胸部にジャーキング現象
  • 慢性的な肩こり
  • 不眠→ジャーキングで眠れず(睡眠時間が半分に減少↓)

所見

根本原因:ストレートネック(⧺)

左腰部筋緊張(⧺)→左下肢脚長差(±)→座位時脚組み癖(±)→左腰部:主訴(-)→正中線左側へ傾く→パソコン仕事にて猫背姿勢:強制(⧺)→

 

→頭部前方凸→ストレートネック(+)→C7/Th1:右側変位(±)→L3/4:左側変位(±)→交感神経↑↑→就寝時(副交感神経↓↓)→ジャーキング現象、発症へ

施術・経過

2024年2月7日(初回施術日)

ストレートネック改善術、ストレッチ操法術、施行

 

2月16日「眠れる時間が増えた」

肩こり感(+)脚長差(ー)

 

2月27日「仕事が忙しい」→朝方のみジャーキング(+)

ストレートネック改善術、施行

 

3月15日「ジャーキング↑↑」

トップガン【眼精疲労回復術】施行→脳ストレス(+)

 

4月2日「ジャーキング減る」

アライメント:問題なし

 

5月20日「動くとジャーキングない」

左腰部筋緊張(±)

まとめ

カルテ

体が小柄なため既成の椅子や机が体格に合わない。

 

がんばって無理して合わせようとして体が疲れてしまった。また、うつむき姿勢のパソコン姿勢がさらに症状を増長させた。

 

出社日が1カ月間あり、1万歩以上の歩行数があった。適度な疲労により熟睡できた。在宅ワークな日はジャーキング現象が出る時もある。

 

人は座る仕様には設計されていない。

 

骨格のアライメントが整うと、動いた方が調子が良くなる。人は動物だから。骨格が整うと、自律神経の乱れが無くなる。脳と脊髄の通りが良くなる。

 

滞りのない流れる体になる。

 

どんなの元気な人でも、あまり動かず、うつむいてパソコンをしていれば、骨格が乱れる。姿勢が崩れる。つまり、体も機能しなくなる。

 

どんなに忙しくても、ちょっとでも良いんで歩いて欲しい。

 

遠回りして帰る。駅やマンションは階段を使う。どうしても時間が取れなければ、週末まとめて動くでもいい。

 

現代人の不調は、運動不足が原因だ。

 

できれば、整体などで体を整えてから、運動した方が効果が違う。掛け算で効果が出る。パンクした自転車では、真っすぐは走れないし、すぐに疲れる。

 

無理をすれば、腰や膝を痛めてしまう。

 

人の体も同じだ。動くことを以前から勧めていた。本人も理解し始めた。動くは人の本能だ。本能を忘れてしまうと、誰しもが不調になる。

 

答えは簡単で、単純だ。

運営者情報

あなたのつらい症状、当院が改善に導きます
院長

初めまして!こばやし接骨院の院長、小林利忠です。

 

症状ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

今、どんなことに悩んでますか?

  • 病院で検査をしてもよく分からない不調に悩んでいる
  • 薬を飲まずに良くなる方法を探している
  • 私と同じ不調の人は良くなっているの?
  • 同じような不調の人はいるの?
  • 他院では思うような望んでいる効果が出てないけど、もし行ったら本当に良くなる?
  • 自律神経を良くする専門整体院を探している
  • もしかして私の不調は自律神経が原因なの?
  • 私のような50年以上不調でも対応してくれるの?
  • たくさん病院にかかって、もうこれ以上どうしたらいいのか?わからないし、あきらめている

当院へいらっしゃる方は本当に様々な悩みを【複数】抱えています。

 

私は不調の原因がよく分からない症状をこれまで数多く診てきました。

 

一般的な院よりも経験数はケタ違いであります。良くなった人、また、良くならなかった人も多くいます。しかし、すべてが私の財産です。

 

だから、どんな悩み、どんな心配事も遠慮なく言ってください。安心して大丈夫です。

 

良くなる過程は人それぞれで、順調に良くなる場合もあれば、良くなったりその反対を何度も繰り返して、緩やかに改善することもあります。

 

または、10回施術しても・・・だったけど、11回目で劇的に変化することもあります。

 

人の体は不思議なもので「小さな宇宙」のように感じられます。

 

ただひとつだけ、はっきり言えることがあります。それは…、

 

「今どんなに不調でも、いつだってあなたの体は良くなりたいチャンスをずっと、ずっと待っている。」

 

これまで施術経験25年以上で自律神経に特化したオリジナル施術「The deep impact整体術」を生み出しました。

 

おかげさまで実績は口コミの数と内容が「証拠」だと思っています。ありがたい限りです。感謝です。

 

もし、あなたが不調を良くして元気になって「当たり前の日常を取り戻したい」と願うなら、私はあなたのチカラになれます。

 

絶対にあきらめないでくださいね^^

 

こばやし接骨院 院長 小林利忠

経歴

  1. 花田学園 日本柔道整復専門学校(夜間部)卒業
  2. 角谷接骨院(4年間修行)
  3. 医心堂染井整骨院(3年間分院長)
  4. あやせ駅前整形外科内科(3年間リハビリ主任)
  5. ティップネス吉祥寺(マシンジムトレーナー)
  6. フィットネスクラブ青山クエスト(パーソナルトレーナー)
  7. こばやし接骨院(平成21年3月開院)

資格

国家資格保持者が施術 初めての方でも安心して施術をうけることができます
  1. 柔道整復師厚生労働大臣認定:国家資格者
  2. 健康運動実践指導者(厚生労働省)
  3. 気導術(日本気導術学会)
  4. 山本操法伝承協会認定
  5. SAT調整法(日本SAT調整法協会)
  6. 救急法(日本赤十字)
  7. ケトジェニックダイエットアドバイザー

ラジオ番組に紹介されました!

ジャーキングについて詳しくはこちら

この記事に関する関連記事

こばやし接骨院